Engraving

センスと緻密さを要する 熟練工の極地。

彫金

豊かな表現力

繊細な感性と卓越した匠の技から生み出される小宇宙。
腕時計の域を超えた美しさはまさに芸術作品といえます。
クレドールの彫金の特徴は、彫る模様に合わせて形状の異なる刃先を使い分けることにより生み出される、メリハリのきいた豊かな表現力にあります。また、刃先を丁寧に磨き上げることにより、彫金面が滑らかかつシャープに仕上がります。

彫金

彫金の放つ輝き

キャリバー68シリーズのムーブメントは極薄のため、
受けの最薄部分の厚さはわずか0.25mm。
そこに微妙な力加減で0.15mmの深さの模様を施しています。
わずか0.15mmの深さの中で、立体的な造形ができているか、
シャープな輝きが実現できているかが重要な鍵となります。
こうして生まれた彫金は、西洋の彫金とは一味違う輝きを放つのです。

彫金

彫金師
照井 清

1993年
貴金属装身具制作一級技能士(国家検定資格)取得
2002年
卓越技能章(現代の名工)を受章
2007年
黄綬褒章受章

Pick up