セイコー初のトゥールビヨンキャリバーモデル「FUGAKU」。
セイコーが誇る3人の名工の技と、日本の伝統工芸である漆芸を融合させた究極の工芸時計が登場。

GBCC999

ジュリ
トゥールビヨン彫金限定モデル「FUGAKU」
GBCC999

50,000,000円+税

製品詳細はこちら

メカニカル彫金スケルトン 美しさを追求したスケルトン仕様の極薄メカニカルムーブメントに、日本の匠の技を融合した究極モデル。メカニカル彫金スケルトン 美しさを追求したスケルトン仕様の極薄メカニカルムーブメントに、日本の匠の技を融合した究極モデル。

「FUGAKU」とともに波をテーマにし、彫金に漆芸を組み合わせた限定モデル。
スケルトン仕様の極薄メカニカルムーブメント「キャリバー6899」を採用し、
照井清監修の下、両面に波模様を繊細かつシャープに表現しています。
6時側には、田村一舟氏の手掛けた螺鈿技法が施され、波の動きをイメージし、
紫から黄緑の繊細なカラーグラデーションに仕上がっています。

GBBD963
「FUGAKU」同様、裏面のてんぷ受けには彫金にて富嶽(富士山)を描いています。

メカニカル彫金スケルトン
GBBD963

4,800,000円+税

製品詳細はこちら