ARTISTRY匠の技

ENGRAVING

彫金

スケルトンモデルの時計を美しく彩る彫金は、精細なレリーフの造形によってまるで絵画を思わせます。優美な日本のモチーフに彫刻師の匠の技が息づき、クレドールの真価を芸術の域へと高めます。

彫金師照井 清

1984年
クレドールの宝飾時計を製作開始
1993年
貴金属装身具制作一級技能士を取得
2002年
卓越技能者(現代の名工)を取得
2007年
黄綬褒章受章

DIAMOND SETTING

ダイヤモンドセッティング

腕時計のダイヤモンドセッティングには、ジュエリーとは異なるサイズやスタイルにおける、特有の美の表現が求められます。そこでクレドールが選んだのは3本の爪によるセッティングでした。

光を多面から取り入れることで、ケースに沿ってちりばめられたダイヤモンドを際立たせ、エレガントに演出します。そして角度や向きによって、その色や輝きはより多彩な表情を生み出すのです。

ATMOSPHER OF THE DIAL

白蝶貝

上質な白蝶貝をあしらったダイヤルは、光を受け、天然素材ならではの深みのある色あいをたたえるだけでなく、大人のさりげない気品と華やかさを演出しています。

ダイヤルパターン

洗練されたパターンをダイヤルに施すことで、味わいのある深みと陰影がさりげないなかにも個性を演出し、品格をまといます。シンプルなのに美しいデザインが魅力をより引き立たせます。

BRACELET

ブレスレット

ケースとの一体感あるデザインに加え、滑らかな動きは手首にも柔らかに添います。それは“心地よい装着感こそラグジュアリー”という想いから。さらに鏡面や絹目といった繊細な仕上げによって気品を醸し出します。

メッシュブレスレット

線材を編み込むメッシュブレスレットは、よりしなやかな着け心地が楽しめます。クレドールはこれを斜めに編むことで、綾織りのような柔らかさを表現。そこに生まれる優雅な流れが手元を美しく飾ります。

MECHANICAL MOVEMENT

メカニカルムーブメント

クレドール専用のメカニカルムーブメント キャリバー 6870は、わずか1.98mmという薄さを極めます。このムーブメントによって、文字盤などに豊かな装飾を施してもエレガントな薄さを損ないません。美を支える秘密がここにあります。