螺鈿ダイヤル キャリバー6870 25周年記念限定モデル
GBAQ958

2,500,000円+税

製品情報

製品名
GBAQ958
価格
2,500,000円+税
駆動方式
メカニカル 手巻
キャリバーNo
6870
ケース材質
18Kピンクゴールド
バンド材質
クロコダイルストラップ(ダークブラウン) 18Kピンクゴールド製美錠
ガラス材質
デュアルカーブサファイアガラス(内面無反射コーティング)
ダイヤル
黒(漆塗、螺鈿、蒔絵細工入り)
精度
日差+25秒~-15秒
サイズ
縦 41.9 mm 横 36.6 mm 厚さ 6.3 mm
防水
日常生活用防水
耐磁
あり
重さ
52.0g
Crafts
Movement

「飛翔」をテーマに風を切って翔け上がる鳳凰の姿を表現した限定モデル

・25周年を迎えたキャリバー6870の更なる飛躍を望み、古来より繁栄を願い描かれてきた鳳凰が大空へ翔け上がる姿を、ダイヤルに表現しました。煌びやかな螺鈿細工・蒔絵と、漆黒の漆塗りとが大胆にレイアウトされた特徴的なデザインです。世界的に名高い漆芸家・田村一舟(たむらいっしゅう)氏(※1)により、螺鈿と様々な蒔絵の技巧を合わせこみ完成させました。
  ・周年記念の「25」分(5時)に位置する鳳凰と12時位置のクレドールマークは、田村氏の真骨頂である高蒔絵(※2)で表現しています。緻密ながらも力強い立体感と雅やかな躍動感のある表情は、1枚1枚丁寧に描かれています。
・鳳凰とともに翔け上がる風や雲を、細かく切った短冊状の螺鈿と微細な金・プラチナの蒔絵で描いています。一見長い直線に見える線状の蒔絵は、目を凝らすと金粉、プラチナ粉を一粒一粒丁寧に置いていった点の集合体となっており、今作のために田村氏自身が手作りした専用の筆を使用しています。螺鈿と蒔絵が美しく調和して平行に描かれるには、卓越した熟練技が求められます。
・シースルーバックから見える美しいムーブメントは、初代キャリバー6870と同様、華やかな金色のムーブメントを採用しています。また、裏ぶたには「Caliber 6870 25th Anniversary」と限定シリアルナンバーを刻印しました。

高級機械式時計にふさわしい極薄ムーブメント

・68系ムーブメント(※3)は国産最高級ドレスウオッチのために、時計としての高精度のみならず工芸的な価値、美しさを追求し、4年の年月をかけ1969年に誕生しました。厚さはわずか1.98㎜(500円玉程度)と極薄ながら、時計の実用的な機能性を高いレベルで確保した画期的なムーブメントとして、1970年代よりクレドールおよびセイコーの多くの高級機械式時計に搭載されてきました。一時機械式時計開発を中断したのち、1993年にクレドールの機械式時計の復活第一号となった際に開発されたのがキャリバー6870です。

(※1) 漆芸家 田村一舟(たむら いっしゅう)氏
1957年(昭和32年)生まれ。石川県金沢市在住。清瀬一光師に師事し金沢に伝わる伝統蒔絵「加賀蒔絵」を習得後、世界に類を見ない独自の細密技法を生み出しました。漆器のみならず、加賀蒔絵をあしらった高級万年筆や腕時計を発表、その極めて緻密な技術による精緻な美しさが、世界的に高い評価を受けています。
(※2) 高蒔絵
蒔絵技法のひとつで、漆で絵柄を描いて盛り上げた上に金粉を蒔き、立体的に仕上げる技です。動いているか分からないほどゆっくりと筆先のみを動かして描くため、熟練の技と非常に高い集中力を要する高度な技法です。
(※3)68系ムーブメント
68系(ろっぱちけい)ムーブメントとは、「68」で始まるキャリバーシリーズの総称です。

スペシャルページはこちら
https://www.credor.com/special/raden_dial/