伊万里鍋島焼
ダイヤル
限定モデル

画像:GBBY985

源流から河口までさまざまに表情を変える日本の川。

上流の急峻な山々から湧き出た水は勢いよく駆け下り、渓谷の中では時として「水暖簾みずのれん」と呼ばれる美しく広がった滝となります。中流では、山から平野部に出てきた水が「せせらぎ」となり、穏やかに、また時に荒々しくもある表情を見せます。下流になると、川幅が広がり日の光を受けた「流水」は美しく光り、長閑な風情を漂わせます。

本作は、豊かな表情を持つ日本の河川の「水暖簾みずのれん」に着目し、クレドールが持つ芸術性のもと、熟練の匠による高度な技で表現しました。

優美な伊万里鍋島焼ダイヤルを
採用した
エレガントなモデル

本作は、「水暖簾」をデザインテーマに、日本の代表的な磁器である伊万里鍋島焼の名門「畑萬陶苑」とのコラボレーションによるモデルです。

画像:GBBY985

鍋島焼の伝統的手法「墨はじき」を
用いたダイヤル

鍋島焼の伝統的手法「墨はじき」を
用いたダイヤル

ダイヤルを生み出す過程では、展覧会作品のような熟練の技による手の込んだ技法を盛り込んでいます。
初めに、今回のデザインテーマである「水暖簾」のように広がった滝の流れを表現するため、鍋島焼の伝統的手法「墨はじき」を用いて、ダイヤルの生地にグラデーションのかかった精緻なストライプ模様を描きだします。
そこに透明な釉薬を重ね焼成を施した後、職人の手によって11か所の略字を立体的に描いています。
さらに滝の水煙を表現する、金、プラチナ、パールホワイト、光彩の4色を順に上絵付し、それぞれの色に合った温度で焼きつけます。
そのため、ダイヤルが完成するまでには10回以上の焼成を繰り返します。

佐賀県窯業技術センターにて開発された光彩上絵具
(特許6635610)

画像:鍋島焼の伝統的手法「墨はじき」を用いたダイヤル

KYOTO Leather(京都レザー)
アリゲーターストラップを採用

KYOTO Leather(京都レザー)
アリゲーターストラップを採用

時計での初の試みとして、銀色の粉末顔料を革の表面に定着させたKYOTO Leather(京都レザー)のミシシッピアリゲーターストラップを採用。
ダイヤルのデザインと響きあい、滝の風情を表現する世界観を強く印象付けます。

KYOTO Leather(京都レザー)
京友禅・西陣織の伝統工芸職人と日本を代表する皮革産地・姫路のタンナー(製革業者)とのコラボレーションにより、世界に類を見ない日本独自のプレミアムレザーを生み出すクールジャパンプロジェクト
https://kyotoleather.com/

セットバンドとして、クロコダイルストラップ(濃紺)が付属しています。装いに合わせて異なる表情をお楽しみいただけます。

画像:KYOTO Leather®(京都レザー)アリゲーターストラップを採用

高級機械式時計にふさわしい
極薄ムーブメント

高級機械式時計にふさわしい
極薄ムーブメント

搭載している雫石高級時計工房製の極薄手巻ムーブメント「キャリバー6890」は、厚さわずか1.98mmの薄さゆえに、ひとつひとつの部品の形状補正や調整に100分の1mm単位の精度が求められ、熟練した時計師でも一日にわずか1個から2個しか組み立てられない、少量生産のムーブメントです。さらに裏ぶたには、畑萬陶苑が手がけた証として屋号を刻印いたしました。

※雫石高級時計工房
盛岡セイコー工業株式会社(岩手県岩手郡雫石町)内にあり、部品製造から組立までを一貫して行っています。2004年設立の日本有数の高級機械式時計専門工房です。

画像:高級機械式時計にふさわしい極薄ムーブメント

リネアルクス
伊万里鍋島焼ダイヤル
限定モデル

GBBY985

Cal.6890

4,950,000円(税込)
(税抜 4,500,000 円)

数量限定10本

7月10日(金)発売予定

製品詳細はこちら

画像:GBBY985

TECHNIQUE
匠の技術

画像:TECHNIQUE 匠の技術

古来より伝承されている墨はじき技法と繊細優美な上絵付けを駆使した伊万里鍋島焼の匠の技。厳しい精度が求められる時計のダイヤルづくりの工程をご紹介します。

SPIRIT & INTERVIEW
匠の精神

画像:SPIRIT & INTERVIEW 匠の精神

長い歴史を持つ伊万里鍋島焼の名門「畑萬陶苑」。
高い技術力で手の込んだダイヤルづくりに初挑戦した匠の思いとは。

Linealx リネアルクススペシャルページはこちら